株式会社ゲオホールディングス

ゲオ、中古スマートフォンの買取金額を10%アップするキャンペーンを実施
2019年1月7日(月)から2019年2月7日(木)まで

2019.01.07

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、2019年1月7日(月)から2019年2月7日(木)までの期間、全国のゲオモバイルおよびゲオショップ約1,600店舗(※1)およびゲオの公式インターネット通販(EC)サイト「GEO-MART (ゲオマート)」(https://ec.geo-online.co.jp/)にて中古スマートフォンの買取金額を10%アップするキャンペーンを実施します。

 ゲオが2017年8月に、埋蔵携帯(=既に使わなくなり自宅に保管している携帯電話)価値を関西大学の宮本勝浩名誉教授協力のもと試算した結果、埋蔵携帯の台数は約2億3千万台でその総額は1兆7,013億円でした。(※2)

 これに見る通り中古携帯市場が注目を集めている一方で、使わなくなった埋蔵携帯をリユースショップに売るという習慣がまだ根付いていないということが、課題であると捉えています。

 そのため、ゲオでは、携帯端末の買取を促進することで、中古携帯市場の拡大に寄与することを目的として本キャンペーンを展開します。

 本キャンペーンの対象は、中古スマートフォンおよびタブレットです。なお、買取に対するハードルを下げ、多くの方に実際に買取を体験してもらうことで、手軽に携帯端末を売ることができるという認知を広めるためにも、壊れたスマートフォン・タブレットも買取金額アップの対象とします。(※3)

 ゲオは今後も、ユーザーが中古携帯端末を利用しやすいさまざまなプランやサービスを提供し、中古携帯市場の発展に努めていきます。

「買取金額10%アップキャンペーン」概要
■実施期間:2019年1月7日(月)~2月7日(木)

■実施店舗:携帯電話買取取り扱い約1,600店舗

■実施内容:スマートフォン・タブレット端末の買取時、通常の買取金額から
      10%アップさせた金額で買い取り

          

                <キャンペーンPOPイメージ>

※1:一部、セカンドストリート店舗を含む。キャンペーンの実施有無については
   各店舗へ問い合わせてください
※2:1人当たりの平均携帯保有台数から平均契約形態台数を差し引き、
   日本における実際に携帯電話を保有している人数を掛けたものを
   「埋蔵携帯台数」と試算し、中古携帯の平均買取価格を掛けることで算出
※3:未使用品、新品は対象外です。一部対象外となる端末があります

 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 広報部 広報課 
担当:芝田 TEL:03-5911-5784 

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。