株式会社ゲオホールディングス

2018年ゲオ年間レンタルCD貸出数量・新品CD販売数量ランキング
安室奈美恵の「Finally」がレンタル貸出数総合部門、新品販売数総合部門で2冠
新品販売数量ランキングシングルはトップ3を嵐が独占

2018.12.13

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、2018年1月1日から11月30日まで、全国のゲオショップで取り扱ったCDの貸出数量と販売数量を集計し、「2018年ゲオ年間CDレンタル貸出数量・新品CD販売数量ランキング」として、CDアルバムの総合、邦楽、洋楽、その他、CDシングル、それぞれの貸出数量と販売数量の順位を発表します。なお、対象となる店舗数は、レンタルCDが646店舗、新品CDが781店舗です。

■ランキング結果ダイジェスト

 レンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ 総合編 ]では、昨年に引き続き、今年もTOP10を邦楽が独占しました。最も貸し出されたのは1位「Finally」(安室奈美恵)、2位「BOOTLEG」(米津玄師)、3位「Everybody!!」(WANIMA)の順でした。レンタルCDシングル貸出数量ランキングでは、1位「Lemon」(米津玄師)、2位「U.S.A.」(DA PUMP)の順でした。

 新品CDアルバム[ 総合編 ] 販売数量ランキングでもTOP10を邦楽が独占しました。1位はレンタルと同じく「Finally」(安室奈美恵)、2位は「Everybody!!」(WANIMA)、3位は「海のOh,Year!!」(サザンオールスターズ)でした。新品CDシングル販売数量ランキングは上位3位をすべて嵐が独占しており、1位が「夏疾風」、2位が「Find The Answer」、3位が「君のうた」となりました。4位から7位もジャニーズ事務所のアイドルグループが独占する結果となりました。

<レンタル部門>

■レンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ 総合編 ]

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ メディア商品部 メディア商品1課 河端秀晃】

 2018年9月で引退となった安室奈美恵のベストアルバムと、ドラマ主題歌「Lemon」でお茶の間への認知を広げた米津玄師のオリジナルアルバムがレンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ 総合編 ]で上位にランクインしました。2017年11月のレンタル開始作品が2018年も年間を通じて高稼働したランキング結果になりました。反面、2018年発売で大ヒットとなるCDアルバムタイトルが薄かったといえます。
 レンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ 総合編 ] 5位のback numberのベストアルバム「アンコール」は2017年1月のレンタル開始から、長いスパンでレンタルされています。同タイトルは、デビュー20周年の宇多田ヒカルの約1年半ぶりのオリジナルアルバム「初恋」に僅差まで迫り、デビュー40周年のサザンオールスターズのベストアルバム「海のOh,Yeah!!」を上回る結果となりました。

 

■レンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ 邦楽編 ]

■レンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ 洋楽編 ]

■レンタルCDアルバム貸出数量ランキング[ その他編 ]

■レンタルCDシングル 貸出数量ランキング

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ メディア商品部 メディア商品1課 河端秀晃】

 レンタルCDシングル貸出数量ランキングで注目するのは、2位にランクインした”ダサかっこいい”MVのヒットにより16年ぶりに紅白出場となったDA PUMPの「U.S.A.」です。荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」に続き、リバイバルがキーワードとなっています。2019年もこのブームに続き、CDの売り上げが熱かった90年代に愛された楽曲やアーティストが再び注目され、旧作稼動に繋がっていくことに期待しています。

 

<セル部門>

■新品CDアルバム販売数量ランキング[ 総合編 ]

【ゲオバイヤーコメント:株式会社ゲオ メディア商品部 メディア商品1課 赤峰奈美】

 上期ランキングから引き続き、安室奈美恵、WANIMA、米津玄師がロングランヒットしており市場でも販売数を大きく伸ばしています。40周年を迎えたサザンオールスターズは8月発売、Mr.Childrenは10月発売と2タイトルとも発売してから半年もたっていませんが、それぞれ3位、4位と上位にランクインしており、どの世代からも人気があるアーティストであることがうかがえます。宇多田ヒカルも幅広い年齢層から支持されており、2019年1月に発売されるシングルも売り上げが期待されます。
 今期は3月までまだ、星野源、RADWIMPSと大物アーティストのアルバム発売が続きますので、今後の作品にも期待できます。

 

■新品CDアルバム販売数量ランキング[ 邦楽編 ]

■新品CDアルバム販売数量ランキング[ 洋楽編 ]

■新品CDアルバム販売数量ランキング[ その他編 ]

■新品CDシングル 売上ランキング

 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 広報部 広報課 
担当:芝田 TEL:03-5911-5784 

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。