株式会社ゲオホールディングス

ウェアハウス川崎店 謎解きゲーム第三弾「金田一少年の事件簿」コラボレーション企画
『電脳九龍城財宝殺人事件』の動員数が
過去最高の7,500名超えの見込み
2018年7月1日(日)まで、7週間の延長決定

2018.05.11

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)が、2017年11月2日(木)より「ウェアハウス川崎店」で開催中の「大人のための謎解きイベント『電脳九龍城財宝殺人事件』が、2018年5月6日(日)に動員数7,000名を超え、5月13日(日)には、開始当初の目標動員数7,500名を達成する見通しです。

 

 “刺激的で大人の高級感溢れる非日常の提供”をコンセプトに展開するアミューズメント施設「ウェアハウス川崎店」では、2016年12月より、リアル謎解きゲームイベントを過去2回実施し、それぞれ3,000名以上を動員していますが、現在実施中の第三弾は、1回でこれまでの2倍以上、過去最大の動員数を実現することが見込まれています。

 

 ユーザーからはイベント継続を望む声が多く寄せられており、ゲオでは、開催期間を7週間延長し、7月1日(日)までとすることを決定しました。

 

 『電脳九龍城財宝殺人事件』は、香港に実在した九龍城(※1)を忠実に再現している「ウェアハウス川崎店」の異空間を生かし、「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ」に収録されている「香港九龍財宝殺人事件」のアフターストーリーとして作られています。

 

 本イベントは、「リアル宝探し」をコンセプトに全国各地で謎解きイベントを企画・運営しているタカラッシュ!の「BLACK LABEL」(※2)の協力のもとに実施しています。

※1:香港の九龍地区にあった複雑な建築構造の城塞で、1987年に
   当時の香港政庁により取り壊されていま
※3:「リアル宝探し」をコンセプトに、全国各地で謎解きイベントを
   企画・運営しているタカラッシュ!の中でも大人向けに作られ
   たレーベルです

 

             

 

■「大人のための謎解きイベント『電脳九龍城財宝殺人事件』」概要

開催店舗: ウェアハウス川崎店

     (神奈川県川崎市川崎区日進町3-7)

開催期間: 2017年11月2日(木)~2018年7月1日(日)

     (※5月14日〜7月1日の延長期間含む)

受付時間: 月〜金 9:00〜21:00最終受付

       土日祝 7:00〜21:00最終受付

対象年齢: 18歳以上

参  加 費: 1,500円(税込)

企画・制作: 株式会社タカラッシュ

監  修 : リトルミラクル

協  力 : 講談社

特設ページ: http://blacklabel.takarush.jp/promo/warehouse/ 

 

ストーリー

現代に蘇った伝説のスラム街「電脳九龍城」。

そのオープンを記念して、九龍城にあったと言われる時価数十億のダイヤ“ドラゴンアイ”

を探すイベントが開催されることになったのだが、その裏には大きな陰謀が渦巻いていた…

“ドラゴンアイ”は実在するのか?捕まったはずの“毒龍”の正体とは?

死のゲームが今、幕を開ける。

 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 広報部 広報課 
担当:芝田 TEL:03-5911-5784 

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。