株式会社ゲオホールディングス

ゲオの「中古品購買意識調査」、買取が新しい消費を生む時代
買取で得たお金の用途は「ショッピング」が54.8%
買取の利用意向者は56.5%
【実施期間:2017年9月11日~2017年9月19日】

2017.09.22

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、このたび「中古品購買意識調査」を実施しました。調査結果の概要は以下の通りです。

■アンケート調査概要

 調査対象:ゲオアプリ会員 回答者数24,110名(10代〜60代、男性 13,343名・女性 10,767名)

集計期間:2017年9月11日(月)〜2017年9月19日(火)

設  問:1.買取(下取り)で得たお金は、主に何に使っていますか

     2.買取に出す際に重要視していることを教えてください

     3.今後の中古品の買取意向について教えてください

     4.これまでに買取に出した中古品は何でしょうか(複数回答)

     5.今、一番買取に出したい中古品は何でしょうか(複数回答)

■結果概要

「買取(下取り)で得たお金は、主に何に使っていますか」という質問に対しては、半数以上(54.8%)の人が「ショッピングに利用する」と回答しました。次いで、「貯金する」と答えた人が14.0%で、男性は16.3%、女性は11.2%(※1)と男性が5.1ポイント高くなりました。

「買取に出す際に重要視していることを教えてください」に対する回答は、「現金に換えることができるから」が49.3%と最も多く、「捨てるのがもったいないから」(19.5%)、「部屋が片付くから」(14.5%)を上回りました。

       

 「今後の中古品の買取(下取り)意向について教えてください」に対する回答は、「利用したい」が36.2%、「積極的に利用する」が20.3%で、利用意向者が56.5%、「興味はある」(24.2%)と合わせると8割を超える結果となりました。

 

他のアンケート結果(Q4~Q5

4.これまでに買取に出した中古品(複数回答)

 

5.今、一番買取に出したい中古品(複数回答)

順位

回答

回答数

 

順位

回答

回答数

1

雑誌・書籍

10,377

 

1

雑誌・書籍

6,123

2

ゲームソフト・ハード機器

9,592

 

2

衣料(婦人服)

4,928

3

CD・DVD

8,171

 

3

ゲームソフト・ハード機器

4,634

4

衣料(婦人服)

6,300

 

4

CD・DVD

3,800

5

衣料(紳士服)

4,106

 

5

売った事が無い

3,137

 

※1:男性は13,343人、女性は10,767人に対するパーセンテージ

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 総合企画部 広報課 
担当:井上 TEL:03-5911-5784 

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。