株式会社ゲオホールディングス

ゲオの中古携帯端末販売
Eコマース販売シェアがゲオ全体の10%超に
通販サイト「ゲオモバイルオンライン」開設7ヵ月で達成

2017.07.19

 株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)が展開するモバイル事業において、7月18日、Eコマースによる中古携帯端末(スマートフォン、タブレット、携帯電話を含む)の販売額が、ゲオ全体の販売額の10%に達しました。

 経済産業省調べによれば、平成28年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、15.1兆円(前年比9.9%増)まで拡大し、EC化率は、BtoC-ECで『5.43%(前年比0.68ポイント増)』となり、商取引の電子化が引き続き進展とあります。(2017年4月24日付、経済産業省発表資料「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」より)

 ゲオは、2015年12月に楽天やyahooなどのモールを通じて中古携帯端末の販売を開始し、2016年12月12日には、中古携帯端末をより手軽に購入したいというユーザーの要望に対応するために、通販サイト「ゲオモバイルオンライン」を開設しており、同サイトオープン7ヶ月目でEコマース販売シェアがゲオ全体の10%を超える結果となりました。

()ゲオ マルチプロダクト事業部 マルチプロダクトEC課 山崎徹マネージャー コメント

『時間や場所に制限されないEコマースの利用が増えています。ゲオのEコマースにおける中古携帯端末在庫数は、スマートフォンを中心に約2.2万台あり(7月18日時点)、今後も増やす計画です。年間100万台規模で買取しているゲオショップ、ゲオモバイル店舗の在庫を連携させているのが特徴で、さらに、販売、買取の利便性を強化していく考えです。」

 ゲオは、今後も「ゲオモバイルオンライン」を中心にEコマースの拡充を図り、2018年3月までに、Eコマース販売シェア20%の実現を目指しています。

■通販サイト「ゲオモバイルオンライン」

URL:http://ec.geo-mobile.jp/shop/default.aspx

 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 総合企画部 広報課 
担当:冨永 TEL:03-5911-5784 

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。