株式会社ゲオホールディングス

(訂正・数値データ訂正)「平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について

2017.05.29

平成29年5月12日に発表いたしました「平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」において一部訂正がありましたので、下記のとおりお知らせいたします。

訂正箇所には下線を付して表示しております。

1.訂正の理由

平成 29 年3月期決算短信発表後の有価証券報告書の作成過程におきまして、記載の内容に一部訂正が 生じましたので、提出済みの決算短信を訂正させていただくものであります。 なお、今回の訂正による損益への影響はございません。

2.訂正の内容

(1)サマリー情報1ページ

1.平成 29 年3月期の連結業績(平成 28 年4月1日~平成 29 年3月 31 日)

(1)連結経営成績

(訂正前)

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フロー

現金及び現金同等物期末残高

 

百万円

百万円

百万円

百万円

29年3月期

8,786

△8,682

△3,182

36,308

28年3月期

19,807

△4,209

△10,125

39,386

(訂正後)

 

営業活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フロー

財務活動によるキャッシュ・フロー

現金及び現金同等物期末残高

 

百万円

百万円

百万円

百万円

29年3月期

8,786

△8,082

△3,182

36,908

28年3月期

19,807

△4,209

△10,125

39,386

(2)添付資料4ページ

1.経営成績等の概況

(2)当期の財政状態の概況

(訂正前)

〔キャッシュ・フローの状況〕

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ3,078百万円減少し、36,308百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果、増加した資金は8,786百万円(前年同期は19,807百万円の増加)となりました。

これは、法人税等の支払額が8,208百万円ありましたが、税金等調整前当期純利益が7,064百万円と減価償却費が5,303百万円、仕入債務の増加額が3,690百万円ありましたことが主な要因であります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果、減少した資金は8,682百万円(前年同期は4,209百万円の減少)となりました。

これは、有形固定資産の取得による支出が5,412百万円と有価証券の取得による支出が2,106百万円ありましたことが主な要因であります。

(訂正後)

〔キャッシュ・フローの状況〕

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ2,478百万円減少し、36,908百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動の結果、増加した資金は8,786百万円(前年同期は19,807百万円の増加)となりました。

これは、法人税等の支払額が8,208百万円ありましたが、税金等調整前当期純利益が7,064百万円と減価償却費が5,303百万円、仕入債務の増加額が3,690百万円ありましたことが主な要因であります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動の結果、減少した資金は8,082百万円(前年同期は4,209百万円の減少)となりました。

これは、有形固定資産の取得による支出が5,412百万円ありましたことが主な要因であります。

 

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ゲオホールディングス 経営企画部
TEL:052-350-5711 

■印刷用資料は下記PDFをご覧ください。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。