株式会社ゲオホールディングス

ゲオの「洋画作品ジャンル別貸出数推移調査」 先行レンタルタイトル「ザ・ハロウ/侵蝕」を含むホラー作品が好調 7月第2週の貸出本数が4月第1週と比べ34.5%上回る

2016.07.22

株式会社ゲオホールディングス(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:遠藤結蔵)の子会社、株式会社ゲオ(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:吉川恭史)は、全国のゲオショップ約1200店舗で、洋画作品人気上位4ジャンル(SF/ホラー/サスペンス/恋愛映画)の貸出数について、4月第1週目を基準とした週ごとの対比率を調査しました。

PDFファイルダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されている「 Adobe® Reader® 」プラグインが必要です。